デメロットの町 - Teon

アーサー王時代、ここデメロットはキャメロットという名であった。当時、キャメロットはアーサー王が円卓会議を開く主会場の一つ。しかしその後、アーサー王は聖杯探しを命じて、周りの精鋭ナイトはそれぞれ聖杯探しに出かけた。そして、アーサー王朝が壊滅し、アッティラが王となって、ここは改革された。アッティラはアーサー王のナイトを見縊り、彼らのことを軟弱者と呼ぶ。このアーサー王時代の騎士の聖地をデメロットと名を変え、意は女みたいな無能者。これはアッティラがアーサーへの不満と彼自身の傲慢の表しであった。