あの日を待っている - Teon

果てしない砂漠。かつて傍にいた六人の弟子は逃げるか捕まえたかで、もう離れ離れになった。一人ぼっちになってしまったマーリンはどこへ行くべきすら知らない。どこへ行っても自分に関する噂が耳に入る。マーリンは名を隠し、小さな村に隠れて生きることしかない。しかし、強い力を持っているのに、このまま埋没にしたくはないと思っているマーリンは、ついていく甲斐のある誰かを待って、いつか再起しようと考えている。