アッティラ - Teon

「神の鞭」という異名を持つ帝王。アッティラという名も残虐と野蛮の代名詞となった。
アーサー王がバベルの塔に封印された後、野心満々のアッティラは連続不断の戦争を勝ち続けて、エジンの新たなる王となった。残虐な王にあくどい女がその后。暗闇のアッティラの支配が人々の生活にどれだけの苦痛を与えているのか、言うまでもなかろう。

アッティラの后がそのマーリンにバフォメットの足止めにされたヴィヴィアンである。彼女は運良くバフォメットから逃げ出した。九死に一生を得たヴィヴィアンはマーリンを憎み、必ず奴に復讐しようと思っている。彼女は人を操られる権力がほしがって、その美貌でアッティラに接近し、自らアッティラへプロポーズまでした。

たくさん考慮して、アッティラはヴィヴィアンの提案に乗った。彼女とともに国を治める。そして、ヴィヴィアンがアッティラの支配をさらに残虐させた。挙句の果て、人々を蜂起させ、エジンは再び戦争に陥った。阿提拉-kingattila