マーロスの埠頭 - Teon

アーサー王が統治した時代、人々の世界探索はエデン大陸に留まらず、船で神秘の海洋領域まで踏破した。エデン大陸の最南方に、海に向かえて作られたこの街はマーロスという。エデン大陸における最大の港を持ち、極めてにぎやかである。いくつもの嵐を耐え抜いた船は凱旋した勇者たちと、夢を持つ冒険者たちを入れ替わるかのように迎えたり、送った出したりする。しかし、戦争爆発したきっかけで、人々は航海の足が止まり、マーロスの繁華も露のように消え去った。