主の領域:魔物の城 - Teon

獣人一族はエデン大陸の東にある森に侵入し、木をなぎ倒し、城壁を建て、拠点を構えた。群居生活を始めた獣人の中で、強い力を持つ者はある場所に集まり、そこは魔物の城といわれる。城壁は巨木で建てられ、城の中にある建物は巨大な魔物の骨で作られた。骨の数は家の主の実力を示すものである。骨が多ければ多いほど、家の主が強い。城の主、獣人の首領の地位は揺ぎ無いものである。挑戦者が現れたら、獣人の首領は巨大なハンマーでその頭を容赦なく打ち砕く。その行為はまさに自分こそ城の主であることを示すという!