約束の村 - Teon

約束の村は約束の島で唯一の村である。村落は素朴で、村人達は熱情で、雰囲気のいい村である。しかし、島の周りに恐ろしい怪物がたくさんいる。村の外へ出ると、すぐそこにいるゾンビや人狼に食われてしまう。村人達は仕方なく、村に閉じ込められ、外へ一歩も出られない。けれど、村人達はお互いを見守っており、外から来た者達さえも彼らの暖かさに感動させる。

魔道士のマーリンが彼の学生何人かを連れて島へ修行に行った時、村人達の丁重なおもてなしを受けた。かつてアッティラ王朝の支配で、怪我したナイト・デラスも幼い王子・アストをここへ連れて逃げ込んだ。その王子とナイトも村人達の細心の看病を受けた。村人達の結束力と熱情さはいつも、ここに来た人々の心を感動させられる。こういう人の暖かさだからこそ、王子のアッティラ政権を倒す決心を支えていた。


約束の村:「プロミスアイランドタウン」と読む。