沼 - Teon

ガラハッド卿と后・グィネヴィアが恋に落ちた。これはアーサー王の逆鱗に触れ、怒りのあまりにアーサー王は二人を殺すという命令を下した。これが国王軍とナイトの間の殺し合いの幕開けであった。ガラハッド卿が慌てる中、国王軍の包囲網を突破し、グィネヴィアを連れてエジンの城を脱出した。二人は南の方へと逃げたが、最後、マロス地区の広い沼で最終決戦をした。この戦いで無数の兵が死んだ。沢山の屍と各式の武器がこの本来静かで何もない所に飾りをつけた。沼全体が大きな墓場となった。数え切れないほどの怨霊がここで彷徨って、消えることはない。