守護の地 - Teon

エルベン・ガーデンの中央、世界樹の下、根が岩を沿って登っていく。そこが独立な空間になった。岩の壁の結晶石が人を惑わせる輝きを放っている。緑の藤づるが入り交じり、岩の表面に覆っていて、結晶石に薄緑色をさせた。光り輝き、星星のようにこの空間を綴っている。この空間が月の女神エルベレスが現る場所であると言われている。彼女と世界樹がこのエルベン・ガーデンを守っている。この空間が彼女の魂のいる場所、エルフ達はここを守護の地と呼ぶ。